入院施設もしっかりしているうつ病治療【集中して治療できる心の病】

女性看護師

うつの原因と治療

病棟

病気の原因

近年、うつ病と診断される方が多いです。以前は、うつ病は、理解し辛い病気で病院に行かれる方も少なかったです。ストレスや他の病気、環境などが重なってうつ病になります。うつ病になる方の特徴としては、真面目で神経質、完璧主義者の方が多いです。真面目な性格で頑張りすぎて心と体が疲れてしまう、状況に適応できない、心のバランスが崩れてしまうと病気になりやすくなります。原因も人により様々です。例えば、仕事や家族、近所などの人間関係、仕事のミス、他にも家族関係の問題、金銭的な問題、さらには病気の悩み、ペットや親しい方の死などが考えられます。症状も人により様々です。例えば、朝が起きられなくなる、イライラする、行動が遅くなるなどの精神的な症状、頭痛、吐き気、めまい、腹痛などの身体的な症状があります。若い方などは、出産や結婚などが原因となる事もあります。高齢者の方は、引っ越しや配偶者の死などが考えられます。うつ病の症状が見られましたら、原因を考えてみましょう。原因解決が症状の緩和に繋がる事もあります。

治療

うつ病と診断されましたら、治療をします。症状が深刻で重症の場合には、入院する事をお勧めします。入院する事で心も体もゆっくり休む事ができます。治療すると症状は緩和して心も体も楽になっていきます。少し調子が良くなっても完治するまで治療しましょう。入院されてしっかり治す事で安心しますし、また元に戻る事ができます。家族も入院して治療した方が安心します。早く完治される事を家族も願っています。うつ病は、再発する病気です。人の性格はすぐには変わりません。真面目で神経質、完璧主義者の方が同じような生活をするとまた、うつ病になってしまいます。考え方を変えるように工夫しましょう。完璧な方はいません。必要に迫られたら優先順位を決めると良いでしょう。少し気持ちに余裕を持って生活すると良いです。また、周囲の方に協力を得ましょう。一人で我慢したり、頑張ったりしないで助けを求めると良いです。医師の指示通りに治療をして早く完治する事を考えましょう。リラックスする事をアドバイスしていただくと良いです。